Cast Profile

イラスト提供:西村繁男

(井上ひさし作「父と暮せば」は日本中で愛され、繰り返し、あらゆる団体が上演し続けている作品です。

Hachidori企画による朗読劇「父と暮せば」は、フライヤーに西村繁男氏「絵で読む広島の原爆-福音館書店-」のイラストを使用しています。)

 

協力:United Performance Studio   

   :藤野キッズシアター

(リハーサル時ご協力いただいてます。)

 

後援:HIROSHIMA SPEAKS OUT

(神奈川、広島公演)

 

フライヤーデザイン:Coco-Factory http://coco-factory.jp/

(神奈川、広島公演時のフライヤーを担当して下さいました。)

 

 

*広島公演では、久保田涼子さんとコラボしました!

「父と暮せば」にインスパイヤーされ生まれた曲「夕凪」をオープニングアクトとして歌っていただきました

俵 野枝(Noe TAWARA)

福岡県出

レイグロー所属

 

日本大学芸術学部、UPS アカデミーにて映画、演劇の演技を学ぶ。

卒業後、「龍」関東ツアーのヒロインとして舞台デビュー。(演出:奈良橋陽子)

近年では、映画「プラチナデータ」(全国劇場公開、大友啓史監督)、ドラマ「血の轍」(wowow 1話)、「続・最後から二番目の恋」(フジテレビ3話4話)などにも出演している。

 

また2006年からは、日本舞踊(地唄舞)をベースにしたソロ創作パフォーマンスを始め

2009年にかけては、パリを拠点にしたヨーロッパ公演を実現。

アジアにおいては、タイで開催された「Fringe Festival」のオープニングを務め、タイ王国王妃、王子へ舞を献上した。(2009年バンコク・ラチャブリ)

 

芳晴(よしはる)

歌、語り、二胡を操るシンガーソングライター、吟遊詩人。

 

「癒しの声・癒しの音」を持ち味とし、聴く人の心と体を解き放つ「芳晴ワールド」

幅広い年代の支持を受けている。

神奈川の藤野の山中に住み、毎朝どこかで山に向かって歌っている。

 

2013年アルバム「世界のまんなかで」をリリース。

「Happy Birthday」(詞:小笠原一葉・教育出版)「ららばい僕らの小さな日」(曲:シモシュ・音楽センター)などが小学校の音楽教材として使われている。

2001、年映画「ギフチョウと生きる郷」(能勢広/矢島仁作品)では音楽とナレーション担当。

同作品が文化庁優秀映画賞と文部科学大臣賞を受賞。

2003年4月からBS 日テレの子供番組「音楽王国」主演。「王様」に扮して番組の司会

や歌を披露する。

2012年、映画「流」(村上浩康/能勢広作品)では音楽を担当、第53回科学技術映像

祭にて文部科学大臣賞を受賞。

鎌倉の建長寺にて、「建長寺・親と子の土曜朗読会」に隔月でレギュラー出演中。

 

柳田ありす(やなぎだ ありす)

愛知県出身

共立女子大学劇芸術コース卒業

ニューヨークアクターズスタジオのメソッド演技等を学び、真実の演技を探求、実践。

奈良橋陽子主宰(「ラストサムライ」「バベル」等のハリウッドキャスティングディレクタ

ー)UPS アカデミーの演技講師を務め、長年にわたり人材育成に貢献している。

■女優としての活動

30数年、舞台を中心に活動。「命の尊厳」を見つめる作品を数多く手がけている。

映像:PV 「雪月花」(湘南の風)ハリウッド映画 「終戦のエンペラー」

2014年~:朗読劇『父と暮せば』(作:井上ひさし/二人芝居)にも取り組み、NHK 総合テレビ等でも紹介され、注目を集めている。

■ライフワークとしての活動

「ふじのキッズシアター」において、子どもたちの「心と身体の解放」「あるがままでいられる場」を目的に長年、演技導、活動を実践している。

              Collaboration

 

*朗読劇「父と暮せば」は公演する土地や空間、企画に合わせ、形を変え色を変え、常に新鮮な作品であり続けています。

 

久保田涼子(くぼた りょうこ)

広島県広島市出身
心に響く音、風景の見える歌詞をつむぐシンガーソングライター


2000年からYAMAHAのコンテストに出場し、グランプリやオーディエンス賞など多数受賞

2011年 音楽学校メーザーハウスで1年間理論とピアノを学ぶ

自身の主催イベントをはじめ、病院・介護施設、商店街・地域・出版のイベント、アーティストとのコラボ等、都内・地方問わず、幅広く出演中

http://kubotaryoko.com